安くて旨い!気軽に食べれるご当地B級グルメの特集サイト!

■安くて旨い!ご当地B級グルメとは?

世間一般にかなり浸透してきたご当地のB級グルメ。
あなたもこの言葉、耳にしたことがあるのではないでしょうか?
ご当地とは、つまりその地域。
その地域で、オリジナルの安くてお手軽に楽しめる食べ物がB級グルメと呼ばれています。

有名所で言いますと、静岡県富士宮市の『富士宮やきそば』、秋田県横手市の『横手焼きそば』、梨県甲府市の『甲府鳥もつ煮』、岡山県津山市の『ホルモン焼きうどん』、福島県会津若松市の『会津ソースカツ丼』、東京都中央区月島の『月島もんじゃ焼』、長崎県佐世保市の『佐世保バーガー』、岐阜県各務原市の『各務原キムチ鍋』、神奈川県厚木市の『厚木シロコロ・ホルモン』、青森県八戸市の『八戸せんべい汁』、などがあります。



この「B級グルメ」と言う言葉の語源は、雑誌などに掲載された言葉からきているようです。

フリーライターの田沢竜次が雑誌『angle』に連載した内容をもとに、1985年に『東京グルメ通信 B級グルメの逆襲』(主婦と生活社)が刊行され、また1986年から文春文庫ビジュアル版において田沢もメインライターとして参加した『B級グルメ』シリーズが刊行された事から、「B級グルメ」という用語と概念は広がってきている。(「Wikipedia」のB級グルメから引用)

最近では、「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」と開催地の実行委員会によってB級グルメの大会「B-1グランプリ」なども開催され、全国的にB級グルメが、盛り上がりをみせています。