安くて旨い!気軽に食べれるご当地B級グルメの特集サイト!

■会津ソースカツ丼とは?

会津ソースカツ丼とは福島県会津若松市のご当地B級グルメで、キャベツを敷いたご飯の上にカツを置き、特製ソースを絡めたカツ丼。
なんと、大正時代から食べられていた歴史のあるご当地B級グルメで、会津のカツ丼=ソースカツ丼となるほど、地元では当たり前の食べ物になっています。
洋食に使われるソースがなぜ、カツ丼と一緒になったのか、その始まりは、いろいろな説はありますが、はっきりしていません。



■福島県会津若松市について

福島県会津若松市は、会津地方の中心都市で、福島県会津地方にあります。人口は125,910人(推計人口、2011年2月1日)で、ご当地B級グルメほか、名産品としては、漆器(会津塗) 、日本酒、赤べこなどがあり、観光地として有名なのは、若松城(鶴ヶ城)、御薬園、飯盛山 - 白虎隊士の墓、栄螺堂(さざえ堂)などがあります。
水田がある西部や市域北部では、稲作がよくされています。