安くて旨い!気軽に食べれるご当地B級グルメの特集サイト!

■甲府鳥もつ煮とは?

甲府鳥もつ煮とは、梨県甲府市のご当地B級グルメで、2010年に開催された第5回「B-1グランプリ」で優勝した料理です。
山梨県の昔からある郷土料理の一つで、ニワトリのモツを醤油や砂糖でよく煮込んだもの。
小さい鍋でさっと照り煮するため、普通の水分もある煮込み料理と違い、ほとんど水分をなくす為、状態は照り焼きのような感じの仕上がりになり、焼き鳥に使うタレとよく似た飴状のタレを絡めて完成。
山梨県で「鳥もつ」と言えばこれを言い、ほうとう屋、蕎麦屋などの定番の料理として、認められています。
最近では、惣菜の数が増えたこともあり、スーパーなどで見かけなくなりましたが、以前は定番の惣菜としてよく売られていました。



■梨県甲府市について

梨県甲府市は、人口198,517人(推計人口、2011年2月1日)、県庁所在地、特例市に指定されている山梨県の中部に位置する市で、宝石研磨産業が近年盛り上がりをみせています。
山梨県を代表する観光地、国指定特別名勝に選ばれた御岳昇仙峡があり、伝統工芸には印鑑彫刻、印伝、宝石研磨などがあります。
宝石産業は、甲府が半独占し、印伝と水晶細工は、経済産業省の伝統的工芸品に指定されています。