安くて旨い!気軽に食べれるご当地B級グルメの特集サイト!

■横手焼きそばとは?

横手焼きそばとは、秋田県横手市のご当地B級グルメで、2009年に開催された第4回「B-1グランプリ」で優勝した料理です。
甘口で、各店舗オリジナルのウスターソースで味付け、店によってホルモンなどが入りますが、一般的に豚のひき肉、キャベツなどが具なっています。
一番の特徴は、片方だけ焼いた目玉焼きが、焼きそばの上に大胆に乗っていることで、たっぷりのソースと絡めて食べるスタイルが横手風となっています。
やわらかくしんなりとした仕上がりをもとめるため、ちじれている蒸し麺ではなくまっすぐな角麺を使用し、付け合せには福新漬けがついています。



■秋田県横手市について

秋田県横手市は、人口97,972人(推計人口、2011年3月1日)、秋田県南部にある市で、合併で、秋田市を除く県内第2の人口の多い都市になりました。
特産品としては、ご当地B級グルメでもある「横手焼きそば」ほか、「平鹿リンゴ」清酒の「かまくら 雪の音 秋田囃子」「天の戸」「まんさくの花」や「十文字ラーメン」「ホップ」などがあります。
「旧日新館 」「秋田ふるさと村 」「石坂洋次郎文学記念館」などの観光スポットもあります。