安くて旨い!気軽に食べれるご当地B級グルメの特集サイト!

■月島もんじゃ焼とは?

月島もんじゃ焼とは、東京都中央区月島のご当地B級グルメで、観光客でにぎわう、西仲通り商店街では、もんじゃストリート、もんじゃ焼きの街などと呼ばれるほど、もんじゃがメジャーな食べ物となっています。
生地には、だし、ソース、小麦粉を使い、その上にいかや桜エビなどお好みの具をトッピングして、短冊切りのキャベツを加えるのが、月島月島もんじゃの特徴となっています。



■東京都中央区月島について

東京都中央区月島は、明治25年の1982年に、東京湾から埋め立てを行う、「東京湾澪浚(みおさらい)計画」で作られ、月島1号地(現在の月島一丁目から月島四丁目まで)とされました。
もんじゃが名物ですが、お好み焼きも一緒に売られ、70軒以上のお好み焼き屋が、月島西仲通り商店街で営業しています。
月島という名称は、東京湾内にあった「月の岬」という名所からきています。